ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

POLARIS 1st Anniversary 細海魚 × 名越由貴夫 × 近藤康平(Live Drawing)が凄かった♪

先日、神保町POLARISで素敵なイベントがありました。

 

こちらのイベントのことはX(Twitter)で知りました。

キーボーディスト細見魚さんはエレカシのサポートをされ、

ギターリスト名越由貴夫さんは、多くの有名ミュージシャンのサポートメンバーとして参加。

宮本浩次さんのソロの際には、最初から指名され「ギター名人」と紹介されている方。

私も好きなギタリストといえば、名越さんです!!

と実は、イベントの詳細をよくわかっていないで参加しました。

これがまたすごかったのです。

 

 

会場に入ると、スクリーンにこちらの絵が映し出されていました。

近藤康平さんはライブペインティングパフォーマー

曲に合わせて絵を描いていきます。

 

名越さんと細見さんから生まれる曲も、自由にやっていたそうで

大まかなことだけ決まっていたよう。

お二人の共演は、初めてだったそうです。

 

一曲目、スクリーン映し出された絵は、音に合わせて次々と表情を変化させていきます。

音と映像、音楽のための映像でもなく、映像のための音楽でもなく。

両方が共存していて、すごく不思議な空間。

スクリーンから目を離せないけど、名越さんのギター気になる〜。

一曲目は、癒やされる曲調。

絵は物語なのか?単独なのか?

考えながら、幻想的な世界に迷い込んだようでした。

 

休憩を挟み

 

先ほどより躍動感のある曲。

絵も次々に表情が変わっていき、目が離せない。

名越さんは弓でギターを弾いたり、丸鋸刃をギターに取付てブラシで弾いて、打楽器のような音を奏でたり。

ギター名人、凄すぎます!!(@_@)

 

数枚の絵の中には、お二人の姿も描かれていました。

この3名とも、芸術家であり職人のような感じを受けました。

どちらにも合わせられる方々、柔軟性をお持ちのスペシャリスト。

 

とにかく、ものすごい共演でした。

こちらのPOLARISは、ガラス張りの広くないライブスペース。

音で場内が揺れるくらいの振動を身体に感じたスペシャルな空間。

 

このイベントに参加できて良かったです。

また開催して欲しいです。

 

www.instagram.com

近藤康平さんのInstagramより

 

プロの技を近くで体感できるのは贅沢ですよね。

素晴らしい芸術に満たされた素敵な時間でした。

 

tsukiyo-sampo.hatenablog.com