月夜の散歩 日記

「バカらしくも愛しき この世界」 日常と非日常とサステナブル

MENU

音楽

「縦横無尽完結編 on birthday」来月開催。宮本浩次バースデーライブを振り返える。

宮本さんの47都道府県ツアーも残りわずか。 来月6月11日と12日、56歳のお誕生日と前日に、「縦横無尽ツアー」完結編が開催されます。 私は何だかんだで、この縦横無尽ツアー初日の川口から6カ所参加いたしました。 水戸公演では、初めて10列以内で宮本さん…

「縦横無尽完結編 on birthday」開催決定! 男前五人衆に注目♪

宮本浩次さんの47都道府県 日本全国縦横無尽ツアーも残り数本となりました。 コンサートでのメンバー間の距離感がなんとも言えず微笑ましいです。 6月11日(土)・12日(日)国立代々木競技場 第一体育館での完結編も決定いたしました。 少し寂しい気持ちと…

椎名林檎の好きな曲ベスト5

今月、椎名林檎さんの新曲が配信されました。 www.youtube.com レコチョク いとをかし 椎名林檎 いとをかし 2022年4月5日配信 椎名林檎名義としては2年ぶりだそうです。 ということで、今回は椎名林檎さんの好きな曲ベスト5です♪ 第5位 ここでキスして。 …

YOSHIKIさん凱旋。薔薇の花が似合う人。

先日、たまたまテレビを見たら「しゃべり007」にX JAPAN YOSHIKIさんが出演されていました。 www.sponichi.co.jp 現在YOSHIKIさんは、ロサンゼルスで生活されていて凱旋。テレビ出演も久し振りですね。 そして、話題にもなっていましたが、見た目が以前と全…

椎名林檎、ヒルティから見る『幸福論』

今週のお題「あったか~い」 今回のお題は「あったか〜い」です。 この一年以上、コロナ禍ということもあり友人に会うことも控えてきました。最近、少し友人と会ったりしましたが、これもいつまでもつのか。正直、不安ではあります。 私も、先々の不安か年齢…

祝!紅白出場決定!!

最近、新しいサイトを立ち上げるべく時間があればパソコンに向かって、肩首がバリバリです。 寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、先日嬉しいニュースがありました。 今年の紅白出演者が発表になりました! www.nhk.or.jp 宮本さん…

能楽×ロック 笛の魅力

このブログのテーマ『能楽とロック』を語るのに、無視できないアルバムが発売されています。 www.youtube.com 『返シドメ』 笛 一噌幸弘、ギター 大友良英、ベース ナスノミツル、ドラム 吉田達也 ギター、ベース、ドラムのバンド編成ですが、そこに笛が入っ…

魅力的な歌声

先日、TBSの『マツコの知らない世界』で平原綾香さんが「ハイトーンボーカルの世界」を紹介していました。 ハイトーンボーカルということで、King GnuやOffical髭男dismの映像が出ていたので、ほうほうと納得しながら見ていたら、平原さんが案内するボードに…

全ての文化芸術は必要不可欠

現在、長引くコロナの影響によりごく一部を除いた多くの業界で厳しい状態が続いている。それは、文化芸術業界も同じだ。 能楽は室町時代から約650年の歴史がある。時の権力者から愛好され式楽にもなった能楽だが長い歴史の間には危機的な状況もあった。明…

ロックも教科書に。時代は変わりますね。

SNSで面白い記事を見つけました。 音楽の教科書に載っているロックの説明が詳しすぎる :: デイリーポータルZ (dailyportalz.jp) 教科書に そうですか。時代と共に大きく変化していきますね。 私世代では熱狂的なロック好きは変わり者と見られたこともあった…

印象的なライブを回想

コロナ禍になって一年以上が経過しました。 この一年全く、公演やライブに行っていません。 ここ最近、ふとしたときの絶望感はなんだろう…。 エンターテインメントは私にとって心の栄養だから、完全に栄養不足いや栄養失調しています。コロナの収束はまだま…

私的、音楽論 たぶん其の壱

面白い文献を見つけました。 『よくわかる音楽の仕組みと科学』岩宮 眞一郎 著 私の卒論のテーマであった『能楽とロック』 音での繋がりのヒントになるのではないかと思い、一章ずつ考察していこうと思います。 今回は、この文献の第一章「音楽とは何か?」…

夢の東京オリンピック開閉会式

当初の予定であれば、2020年8月に開催していた東京オリンピック。 世界規模の疫病により、一年延期になった今年も雲行きは怪しい。 多くの人が注目するイベントだからこそ、注目度が高いので余計に些細な問題であっても大きく取り上げられてしまう。とはいえ…

ロックとの出会いとロックスター

卒業論文の内容で芸能を対比するにあたり、「能楽」は限定できるが「ロック」を限定するのは難しい。 それは、暮らしてきた環境や世代により「ロック」と聞いて思い浮かべるバンドや人物が違うから。 ちなみに、「ロックとは」と思い辞書で引くと「ロックン…

#この1年の変化 と大切な曲

この1年を振り返ってみる。 それまでの当たり前 恐らく誰もがそうであったかと思われるが、それまでの当たり前がそうでなくなった1年。 1年前までの私は通信制の大学で4年間学びながらダブルワークをしていた。休みが余りないこともしばしばと多忙な日々…

『能楽とロック』について

『能楽とロック』は私が昨年卒業した大学の卒業論文のテーマです。 卒論テーマ『能楽とロック』 さて何故、能楽とロックなのか。 それは、能を観賞したときに、なぜかロックぽさを感じたことから始まります。 タイトルのインパクトだけ強い私の卒論には、講…