ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

映画鑑賞『リボルバー・リリー』

暑い日が続いています。

散歩したいけど、なるべく室内で過ごしたいですよね。

 

先日、映画『リボルバー・リリー』を鑑賞してまいりました。

感想と、衣装&写真展の様子です。

 

あらすじ・ストーリー 

1924年関東大震災から復興する東京には、モダンな建物が増え、繁華街は賑わっていた。3年で57人の殺害に関与した元スパイの百合は、銘酒屋の女将をしている。彼女はある日、家族を殺され、父親に託された陸軍資金の鍵を握る少年に助けを求められる。

映画ナタリーより引用

 

感想

綾瀬はるかさんのドレスを着たアクションで話題の今作。

綾瀬さんはアクションのイメージがなかったのですが、とにかくかっこいい。

この姿を見だけでも映画館に行く価値ありです。

 

敵役のジェシーさん、清水尋也さんは演技が上手く嫌な人にしか見えない。綾瀬さんとのアクションシーンも迫力あり。

羽村仁成さんは、ドラマ『俺の家の話』に出演されているのを見た際に、これから出てくるだろうと思っていましたが、やはり来ましたね。

ちなみに、お目当ての野村萬斎さんは少しだけの出演でした…。

豊川悦司さんが重要人物です。

その他にも、大物俳優さんが出演されています。

 

映画冒頭に、事件が起こる訳ですが、残酷なシーンから始まります。

大正時代を舞台にした作品。

この時代、正義とは何で、何が正しいか 判断が許されなかったのかもしれませんね。

従わないと、待っているのは死。

感情を殺して従えばすぐの死は免れる。

日本でもそんな時代は、まだ遠い昔ではないのです。

 

綾瀬さん演じる小曾根百合を守ろうと、戦場に赴く長谷川博己さん演じる岩見の姿がかっこ良かった。

二人の仲は、どうなるのか。

次回作がありそうな予感です。

2時間ちょっとあっという間の、ハラハラドキドキでした。

 

revolver-lily.com

 

衣装&写真展

現在、東急プラザ銀座にて衣装&写真展が開催。

ということで、こちらも行ってまいりました。

 

映画のシーンが。

 

衣装のイラスト。

実物がズラリと。

アールデコの衣装素敵。

赤いドレス好き。

シシドカフカさんが着ていた着物も素敵。

男性陣の衣装も。

大きいパネルのお隣には。

 

後半シーンでのドレス。

血のりの理由は劇場で。

 

映像の中の素敵な衣装を、実際に目に出来るのっていいですね。

衣装&写真展は今月末までですので、お近くの方は是非。

入場無料です。

 

moviewalker.jp