月夜の散歩 日記

「バカらしくも愛しき この世界」 日常と非日常とサステナブル

MENU

能楽×鬼滅の刃 狂言バージョンを想像してみた

鬼滅の刃能楽が今年の夏、冬に公演開催の予定です。


www.youtube.com

 

野村萬斎さんの演出で能と狂言それぞれ行われるようです。

先日、勝手に能バージョンを想像しまして、今回は狂言バージョンです。

 

tsukiyo-sampo.hatenablog.com

 

狂言バージョンは?

ちなみに現時点でわかっている「能 狂言鬼滅の刃』」の内容は

人間の闇と希望

  • 能は鬼の魂を鎮める
  • 狂言は炭治郎と仲間たちの笑いに満ちた部分

 

狂言は”炭治郎と仲間たちの笑い”ということなので、鬼滅の刃の一場面をピックアップしたお話はどうでしょうか?

コミカルなコソコソ話のキャラ的なところです。

登場自分は、炭治郎、伊之助、善逸、禰󠄀豆子。

炭治郎は禰󠄀豆子の入った箱を背負っているので、狂言では禰󠄀豆子を背負って兄弟の絆も描いてくれるといいですね。

仲間たちと、無限列車編で大活躍の煉獄さんが登場しても良さそうです。

 

kimetsu.com

 

鬼が登場する狂言もいくつかあります。

可愛らしい鬼が登場するおすすめがこちらです。

 

狂言 「首引き」

『首引き』あらすじ

鬼が鎮西八郎為朝を取って食おうとするが、ふと娘の姫鬼に人間の食い初めをさせようと思い姫鬼を呼び出す。若い世間知らずの姫鬼は、為朝におどかされてしまいなかなかうまくいかない。親鬼が男が負けたら食われるよう提案し勝負するが、ことごとく姫鬼は負けてしまう。

最後に、布に首をかけて首引き勝負、為朝と鬼たちとなるが…。

 

鬼が人間を取って食うという設定は、能同様で狂言でも変わりませんが、結局食うことはできないのです。

また、姫鬼の恥じらいが可愛らしく、親鬼が娘を思いやる姿も微笑ましいのです。


f:id:tsukiyo_sampo:20220121202742j:image

楽しみにしてます

今年、夏・冬に予定している「能・狂言鬼滅の刃』」どんな感じになるでしょうか?

狂言に俳優業、舞台でも活躍の萬斎さんの演出です。楽しみですね。

これを契機に、能楽に興味を持ってくれる方が増えるといいなと思います。