ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

目黒雅叙園 和のあかり×百段階段2023 ♪

暑い日が続いてますね。

夏が苦手な私は、毎日生活するのがやっとです。

この気候ではあまり散歩もできないし…。

と、出掛けたくても行く場所にも困ってしまう日々ですが、

涼しく日本の文化を楽しむことができる素敵な場所に行ってきました♪

 

目黒雅叙園 百段階段

ホテル雅叙園東京の百段階段では、

企画展 『和のあかり×百段階段2023〜 極彩色の百鬼夜行が開催中。

タイトルを聞いただけでも、とっても気になります。

ということで、友人と雅叙園へ。

 

いざ百段階段

百段階段へ向かうエレベーターに乗り

扉が開くとお迎えしてくれたのは、金魚ちょうちん

かわいい〜。

そして涼やかな風鈴の音色。

名古屋ちょうちんも、素敵。

東京都指定有形文化財 百段階段。

趣があります。

階段を上りお部屋へ。

ん?異界へ

お!

目に飛び込んできた景色は、極彩色ながら調和された美しさの花とあかり。

最初のお部屋からテンション上がります。

そして階段を上り

次なるお部屋は…ちょっと怪しい?

鬼!

いた!鬼!

鬼滅の刃 遊郭編」の世界観。ちなみにライトの色変わります。

 

次は…天狗?

異界の四季

藤娘。

能楽好きとしてはここは外せない『紅葉狩り

次のお部屋は? 

階段途中の展示。

金魚ちょうちん、ハロウィンバージョンもかわいい。

お次は、白き狐

三日月。

ススキの奥に狐が。

次のお部屋は

 

ガラス工芸、綺麗。

我が家にも欲しいな。

次のお部屋へ

お?

美しいあかりに照らされて

いよいよ頂上


わ〜!素敵

暗闇に目を奪う極彩色。

でも懐かしくあたたかく、人の世の儚さを感じるような。

 

各部屋の個性を活かした展示。

想像を上回る素敵な世界観でした。

百鬼夜行というだけあって、涼を感じ日本文化に触れる素敵な空間。

 

私は1定員制人数限定スペシャルチケットを事前予約しました。

18時からの1時間、ゆっくり鑑賞したい方におすすめです。

ちなみにミュージアムショップは18時まで。

スペシャルチケットで入場だと先にお買い物のご案内。

かわいいものが多くて、悩みました。

 

日本の素晴らしい工芸や文化に触れる異界。

豊な気持ちで楽しい時間を過ごしました♪

 

www.hotelgajoen-tokyo.com