月夜の散歩 日記

「バカらしくも愛しき この世界」 日常と非日常とサステナブル

MENU

祝言能『翁』 穏やかな一年になりますように。

年末年始、毎日パソコンに向かいブログの見直しなどを行なっていました。

こちらのブログも『能楽とロック』から、私の日常感じたことを日記として投稿していくことにしました。と言っても、同内容が中心になる予定です。

という事で、いつもお付き合い頂きありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

祝言曲 能『翁』

新年ですので、祝言曲の話題を。

f:id:tsukiyo_sampo:20220104221807j:plain

 

近年、『翁』は新年や舞台披きなどに行われます。

「能にして能にあらず」と言われ、別格の曲です。

能は、亡霊・鬼などが登場しストーリー性があるのですが、『翁』はストーリー性がなく神事ごと儀式的な演目なのです。そして、鎌倉時代中期には行われていたようで、古い歴史をもちます。

 

演者は神となり「翁」は天下泰平、国土安穏を祈祷する舞を、「三番叟」は五穀豊穣を祈る舞を舞います。

神聖な曲ですので、この曲の演能中は観客の見所(会場内)へ出入りもご遠慮となります。

 

「翁」詳しいあらすじです

www.the-noh.com

 

「翁」のあらすじを探していたら、とってもかわいく分かりやすいものを見つけました。

intojapanwaraku.com

 

『翁』は、翁→千歳→三番叟の順で登場されます。

最近では、狂言方の『三番叟』だけ行われる公演もあります。


f:id:tsukiyo_sampo:20220105121956j:image

以前『三番叟』のこと書きました

tsukiyo-sampo.hatenablog.com

 

↓前半が『翁』になります。

演者の方が登場した時の緊張感、舞台上の演者さんの人数からしても、他の演目と違うことがわかりますね。


www.youtube.com

 

まとめ

新年という事で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣を祈る『翁』のことに触れました。

鎌倉時代から、続く歴史ってすごいですよね。

 

本年2022年、一日も早くコロナが終息し穏やかな日常が過ごせますよう。

皆様にとって良い年になりますよう祈っております。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

面からたどる能楽百一番 [ 三浦裕子 ]
価格:2530円(税込、送料無料) (2022/1/4時点)

楽天で購入