ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

古布で革のお手入れ

着なくなった服はどうしてますか?

私はまだ着れそうなものは、フリマアプリなどに出品。もう着れないくらいダメージがあるものは、綿なら古布として活用する。適当な大きさで、はさみを入れて布の目に沿って破くときれいにカットできるし、繊維ゴミも少ない。


f:id:tsukiyo_sampo:20210608011505j:image

この布で、お掃除するのもいいし、私は金属の帯留めや靴を磨く。もともと、何かを磨くのは嫌いじゃない。汚れていたものを磨くことで綺麗になるのが好きなのだ。ピカッと光る瞬間が。

私は前職、靴に関わる仕事をしていた。だから、普段から靴を見てしまうし、ピカピカにはしないが磨くことは日常になっている。靴だけではなく革小物も長く使用し続けていると革が乾燥したりする。靴ほど頻繁なお手入れは必要ないが、お手入れしてあげることで革が潤い長く使用できる。そうなんでもメンテナンス次第。

ちなみに、起毛以外の革のお手入れに使いやすいのは、カラーレスの保湿クリーム。靴であれば、その靴の色にあった靴クリームが補色ができるので望ましいが、玄人かよっぽどの靴磨き好きではないと正直クリーム一瓶使いきれない。

とりあえず、何か一つなら保湿クリームがおすすめ。こちらは使用できる範囲が広い。

f:id:tsukiyo_sampo:20210608011528j:image

布に少量クリームをとって革を磨いて下さい.。革がピカッと潤います。

ちなみに、起毛以外ならこちらは使用できる範囲は広いのですが、しみにならないか念のため目立たないところでお試しください。補色が必要な場合などは、靴修理屋さんにご相談してみるのもいいですよ。黒の革靴を何足かお持ちでしたら、黒のクリームは持っていた方がいいです。その場合、瓶のタイプを購入して下さい。缶や液体のタイプは、あまりおすすめ出来ません。理由は、ご興味いただける方がいらっしゃったら、また詳しく書きます。

お気に入りの物は出来るだけ長く大切に使っていきたいですね。