ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

七夕の空に想う

七月七日は七夕です。

 

他の節句に比べて、ロマンチックで切ない気持ち。

七夕といえば、織姫と彦星の物語。

織姫と彦星は恋人ではなく夫婦だそうです。

切なくロマンチックですが、引きさかれてしまった夫婦。

能にも運命に引き裂かれた夫婦の物語があります。

 

織姫と彦星の物語と、能『清経』について書きたいと思います。

 

織姫と彦星の物語

働き者の織姫と彦星。

来日も来日も働いてばかりでは可愛そうだろうと、神様が繋いでくれた二人の仲。

ところが、働き者だった夫婦となった二人は働くことをやめて、遊んで暮らすようになります。

その様子を見た神様が怒り、二人を会えなくさせます。

ところが、会えなくなった二人は悲しみに暮れ働こうとしません。

真面目に働くのであれば、年に一度七月七日だけ会わせてもらえるようになります。

そして、二人は真面目に働くようになりました。

 

tashlouise.info

 

 

能『清経』

平家物語』清経のお話です。

清経は平家の滅亡を予感し絶望すると、入水してしまいます。

残された妻は亡き夫の清経に会いたいと願い、妻の枕元に亡霊となって現れた清経。

二人は再会を喜びますが、妻は生きて再会の約束を果たせなかった清経のことを責めます。

 

www.the-noh.com

 


f:id:tsukiyo_sampo:20220707233914j:image

 

まとめ

愛しい人にまた会いたい。

愛する二人の絆。

愛別離苦

その愛を知らなければ、楽しい時間も苦しい想いもしなかった。

 

と、今日はちょっとだけ空を眺めながら、思ってみたり。

今宵は、織姫と彦星は会えそうですね。