ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

必要としている方に、必要な食事を

先日、SNSで気になる二つの記事を目にしました。

 

おにぎりアクション

おにぎりアクションってご存じですか?

私もSNSを見て知りました。

おにぎりアクション2021 - おにぎりで世界を変える (onigiri-action.com)

#onigiriaction のタグを付け、おにぎりの写真をInstagramTwitterなどのSNSに投稿すると、1投稿につき給食5食がアフリカやアジア世界のこどもたちに届くという活動です。

11月5日まで行っていて、皆さんいろんなおにぎりを投稿されています。

おにぎりは手作りでも、購入したものでもいいそうです。

 

こちらに参加されている、かわいいイラストに心温まるストーリ―『おにぎり猫のものがたり』。こちらを見るとほっこりします。おすすめですよ♪

おにぎり猫のものがたり|mikepunch|note

 

おにぎり食べたくなってきましたね♪

おにぎりアップしよう!


f:id:tsukiyo_sampo:20211018220937j:image

日本でも

またこのニュースも考えさせられました。

「貧困層が液状化のように」都心の公園、20分で消えた弁当400食 [2021衆院選] [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

コロナ禍により職を失った人、減給した人など、多くいることを改めて実感しました。

私自身もコロナ以前に比べ大幅に減給し、収入源を何とかしないといけない状況ではあります。それでも、以前より我慢はしながらも楽しみを励みに生活しています。最近は、幸い頂き物が多く美味しいものも食べられ有難いです。

 

とは言っても、何が起こるか分からない時代です。明日は我が身かもしれません。

一刻も早い、国の政策を望みます。