ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

能楽×ロック 笛の魅力

このブログのテーマ『能楽とロック』を語るのに、無視できないアルバムが発売されています。

 


www.youtube.com

『返シドメ』

笛 一噌幸弘、ギター 大友良英、ベース ナスノミツル、ドラム 吉田達也

 

ギター、ベース、ドラムのバンド編成ですが、そこに笛が入っています。

この笛を演奏されている一噌幸弘さんは、囃子方能楽師安土桃山時代から続く笛方一噌流。

能楽の舞台で活躍する一方、様々な音楽ジャンルの方と共演されています。

笛も能楽で使う能管だけではなく、あらゆる種類の笛を使い演奏されます。

 

一噌幸弘オフィシャルサイト (issoyukihiro.com)

 

更に以前番組で、驚きの技まで披露されています。笛を究めてされている方で、まさに音楽家です。


www.youtube.com

 

様々なジャンルの方とのセッション、アルバムも数枚発売されています。音楽家としての活動も盛んです。

 

私は、能楽公演でしか一噌さんの笛は聞いた事がありませんが、一度音楽家としてのステージも拝見したいものです。


f:id:tsukiyo_sampo:20210905231038j:image

ジャンルを超えて音楽が出会う。音楽の新たな可能性を感じます。