ロックと能楽と散歩

「バカらしくも愛しき 煩わしくも愛おしき この世界」 日常と非日常

MENU

アレルギーと環境

今週のお題「575」

「アレルギー かかずに冷やす これ基本」

ということでアレルギーのお話です。

 

私はアレルギー体質だ。子供の頃は特にそんなことはなかった気がする。20歳を過ぎてから、軽度のアレルギーが時期ごとに現れる

春になれば花粉症,、汗ばむ時期になるとひじの内側や指や足にかゆみを伴う湿疹が出来た。耳鼻科で花粉症の薬を貰い、皮膚科でステロイドの塗り薬をもらいを20年くらい繰り返した。

7年ほど前に皮膚の原因は金属アレルギーと判明する。反応していた金属アレルギーは歯科治療した銀歯。金属のアクセサリーもいつからか長時間身に着けると反応を起こすので、今はほとんど身に着けていない。

私の場合、花粉はスギ。金属は銀歯が原因となったが果たしてそれだけであろうか。知らず知らずのうちに汚染された空気から?食品添加物から?若き頃は身体のことなんて何も考えずに好き勝手してきたから仕方ないかもしれないが、年を重ねると面倒なことが増えていった。

何事においても、今は最善の方法が明日には異なることがある。それは医療も同様。アレルギーを抑えるためのステロイドで副作用。虫歯治療に使った銀歯で金属アレルギー。皮膚炎は原因不明が多くとりあえず再びステロイド。金属アレルギーの症状を起こさない為に、今度は銀歯を外す歯科治療。花粉症を軽減させるための筋肉注射では、ホルモンバランスが乱れる副作用が。この辺りから、私の医者嫌いが始まりました。病院に行くとまた何かで病院に行かなきゃいけなくなる…。


f:id:tsukiyo_sampo:20210611122009j:image

そもそもの原因は何だ?食べもの?大気汚染?電波?原発?ストレス?若き頃はお酒も煙草も嗜んでいたしな。はっきりしている原因は、歯科治療の銀歯とスギ。だから、何か起こると与えられた情報だけではなく、できるだけその事について情報収集をして主体的に行動することにした。アレルギーには対策と、湿疹が出てしまったときの対応を憶え、何とか上手くコントロールしている。そして、皮膚にかゆみが出てしまっても、かゆみはかかずにとにかく冷やす。保冷剤使ったり、虫刺され用かゆみ止め、ハッカ油などを使用している。

結局、原因はいろいろ可能性がありすぎてわからないけど、転がり続けて生きていきます。