能楽とロック

卒業論文テーマ『能楽とロック』のこと

能楽との出会い 平和を願う思い 

 10年くらい前まで私にとってロックは欠かすことのできないものであった 。それが、 人間関係のトラブルにより音楽から遠ざかるようになる。 それから数年の間は、ステージや舞台上の人に魅了されることはあまりなかったように思う。

 

 能楽との出会いは、そんな時にテレビを観て起きる。

 それは、映画『のぼうの城

 当時、私はテレビはあまり観る方がではなかったが、 この映画の評判は以前友人から聞いていたのでゆっくり鑑賞することにした。 期待通りの面白さで楽しんで観ていた時、静かな衝撃を受ける。それは、成田長親ことのぼう役の野村萬斎さんが、 二万人の豊臣軍に対したった500人の軍で対決する場面。のぼうの軍は豊臣軍から水攻めに遭い、これに対する策としてのぼうが舟に乗り敵兵の前で田楽踊りを披露する。結果、のぼうは打たれてしまうが、この田楽踊りは見方は勿論のこと、敵対する豊臣軍兵士も一緒につられて踊ってしまうくらいに人々を引きつける。

 私はこの場面を見て 思った。この人なら、本当に戦をしている敵ですら自身の芸で魅了してその鉄砲を打つ手を止めるかもしれない。 その美しい所作や常にすっとした姿勢、この田楽踊りは誰もが出来る簡単な動きだが、萬斎さんの所作は手の指先まですっと真っ直ぐ伸び美しい。映画のフィクション話ではなく、本当に世を平和にするかもしれないと思った。この時、萬斎さんの所作が美しいと感じたのは、私が体を鍛える重要さを実感し体幹や所作を意識するようなったからであっただろう。そしてそれ以来、 実際の萬斎さんの芸に触れたく 何度も頻繁に舞台に足を運んだ。

f:id:tsukiyo_sampo:20210328195718j:plain

 狂言は喜劇が多く面白く、また喜劇ではないものは深い内容で考えさせらるものがある。そして、萬斎さんの芸もいつも素晴らしいものだった。

 


『MANSAIボレロ』 野村萬斎 - 世田谷パブリックシアター開場20周年記念 MANSAI Bolero 

ラヴェルの「ボレロ」と狂言『三番叟』の発想と技法が集結して生まれた

 

 近年は狂言だけの公演も開催されるが、 古くから能と一緒公演されていた。能と狂言能楽である。解説がある公演やあらすじはチラシなどに記載があり、予備知識がなくてもいいようにされている。しかし、 学生の頃に遊ぶ事しか考えてなく教養が乏しい当時の私には全く能が理解 できない。平家物語源氏物語と聞いても内容は良くわかっておらず、あらすじを読んでもまるでピンとこない。ただ、 なぜか能の独特の雰囲気は好きだった。独特な幽玄の世界、まるで数百年前にタイムスリップしたような感覚。そして、その空気の中で響くお囃子の音。その音に何故だかロックぽさを感じるのであった。

 

 平和を願う思いということで好きな曲(演目)の狂言がある。

 『宗論』

 簡単なあらすじは、犬猿の仲の宗派の僧が、互いに相手の宗派をけなし争う。次第に争いはエスカレートしていき、今度は互いに勤めの経を読み始める。むきになり夢中になって何度も繰り返してるうちに、気づくと間違えて敵対していた相手の念仏を唱えてしまう。

 こんなふうに、争っても揉め事が収まったらいいのになとクスッと笑いながら思うのである。

 


狂言 止動方角 野村萬斎 深田博治

 こちらは狂言『止動方角』。ダイジェストになっているので狂言に縁がなかった方も見やすい。

 狂言を見てみたいと思った方は、特徴的な舞台である能楽堂で演者の方の芸を生で体感することをおすすめしたい。